2018年5月31日 (木)

スイスグリンデルワルト旅行準備

まもなく12年ぶりのスイス。
地図や時刻表をほぼ終わり。今日50ページほどを製本屋さんに渡してきました。
残りはサンダルと靴下と妻と二人の体調と体力。

予定コース全図。グリンデルワルトを起点に天気良ければ毎日山歩きします。

First(BGMロープウェイ)からSchynigePlatte(SPB登山鉄道)まで

GrosseScheidegg(郵便バス)からFirst(BGMロープウェイ)まで

Eigergletscher(JB登山鉄道)からSchweizerhofGrindelwald(宿泊ホテル)まで

Eigergletscher(JB登山鉄道)からWengen(GGMロープウェイ)まで

Grutschalp(GGMロープウェイ)からMürren(LWMロープウェイ)まで
Stechelberg(LWMロープウェイ)からLauterbrunnen(SPB登山鉄道)まで

グリンデルワルト泊時のこよみ

時刻表(JB登山鉄道/WAB登山鉄道1)

時刻表(JB登山鉄道/WAB登山鉄道2)

時刻表(SPB登山鉄道)

時刻表(SPB登山鉄道)


時刻表(郵便バス1)

時刻表(郵便バス1)


| | コメント (0)

2018年5月23日 (水)

スイスグリンデルワルト行きます(12年ぶり4回目)

体と心の洗濯してきます。
スイスエアのチューリッヒ直行便を利用しようとしていましたが妻がJALが良いようで往路ロンドン経由、復路パリ経由です。
前日6月27日は仕事。たぶん出張先からに羽田直行で夜中(25:55)に出発。グリンデルワルトのホテルで夕食とれる時刻にチェックインします。これで1日分は得するはずです。(機内で眠れれば・・)
6/28 01:55羽田発JL041便
   06:25ロンドン着
   09:25ロンドン発JL6533便(British Airways)
   12:20チューリッヒ着
   13:40チューリッヒ空港発  
   15:57ベルン発
   16:05インターラーケンオスト発
   16:38グリンデルワルト着
   Hotel Schweizerhof泊(01)
ホテルは3回目。2006年に泊まった部屋(514号室)を希望したのだけれど予約不可。
毎朝天気予報を見て行き先決めます。できれば毎日晴れて毎日ハイキングしたいです。
-----
6/29 Hotel Schweizerhof泊(02)
-----
6/30 Hotel Schweizerhof泊(03)
-----
7/01 Hotel Schweizerhof泊(04)
-----
7/02 Hotel Schweizerhof泊(05)
-----
7/03 Hotel Schweizerhof泊(06)
-----
7/04 Hotel Schweizerhof泊(07)
-----
7/05 Hotel Schweizerhof泊(08)
-----
7/06 Hotel Schweizerhof泊(09)
-----
7/07 10:19グリンデルワルト発
   11:00インターラーケンオスト発
   11:25シュピッツ発
   13:16チューリッヒ空港着
   15:05チューリッヒ発AF1615便
   16:25パリ着
   20:30パリ発JL046
-----
7/08 15:25羽田着

| | コメント (0)

2006年6月23日 (金)

スイス旅行まであと5日

私の準備状況を無視して、どんどんスイス出発日が迫ってきました。
昨年同様に出張先から旅行する(自宅に帰らない)ため、準備できる日
は土・日曜日の2日間しかありません。いよいよです。
パソコン関連の準備が遅れていましたが、ほぼ先が見えてきました。
あとひと息です。
先が見えないのは継続中の仕事にケリを付けることです。

スイス旅行パソコン関連の準備あれこれ

■資料の製本
関連する資料は全て印刷・製本します。個人利用のオリジナルスイス
旅行本を作ります。
見開きになっているのは今年のオリジナル本。緑の表紙は昨年の旅行
で活躍したオリジナル本です。(製本屋さんにお願いしています)
オリジナルスイス旅行本

■日記の下書き
10日間の記憶を残す自信がありません。感じた事はその日に書き留
めておきます。毎日統一したフォームで記述しないと見づらくなるの
で、下書きをしました。

■写真や文書のアップロード準備
宿泊するホテルはLANがありません。電話回線でインターネット接続
となります。1日分の写真をアップロードするためには効率良く作業し
ても15分以上かかります。
日記用の画像アップロードは通常ココログ(容量5G)を使用しています
が、1画像づつ手動でアップロードしなければなりません。電話回線で
この作業はとってもしんどいのでFFFTPを利用して
InfoSeek(容量300M)に一気に流し込みします。この処理のための
環境作りがまだ終わっていません。新しいチビパソコンの電話回線接続
テストもまだできていません。

■過去の写真整理
スイスから帰ってきたら、スイス旅行の整理をしながら仕事の山と格闘
しなければならず6月に撮りっぱなしだった写真整理ができなくなるは
ずです。6月の写真を整理しました。
(うっかり・・・釧路湿原の写真元データを消去したみたい。)

■写真の管理方法
複数のデジカメで撮影して、画像リサイズ等を行うとタイムスタンプが
変わるのでファイルを時系列に並べて管理することができなくなります。
ファイル名のリネームソフトを愛用しています。けっこう便利です。
(てまえみそ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

スイス旅行まであと10日

2006SWISS
バタバタバタバタしているうちにスイス旅行まであと10日になりました。
同じ国へ3回連続なので、国内旅行と変わらない感じです。ワクワク感はありません。
でも行けば楽しいはずです。写真をいっぱい撮ります。毎日ホテルで写真整理してこの日記に載せるつもりです。
日記の下書きも終わりました。
写真は昨年歩いたフィルストです。2006スイス旅日記の仮タイトルに使用します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月26日 (日)

今年もスイスに行きます

2006年スイス旅行の予定をほぼ固めました。(ドタキャンあるかも)

6/28(水) 0(成田前泊)日航ホテル成田で待ち合わせ
6/28(水) 1(グリンデルワルト泊)10:30成田発-JL451-15:55チューリッヒ着
6/29(木) 2(グリンデルワルト泊)トレッキング(1)
6/30(金) 3(グリンデルワルト泊)トレッキング(2)
6/01(土) 4(グリンデルワルト泊)トレッキング(3)
7/02(日) 5(グリンデルワルト泊)トレッキング(4)
7/03(月) 6(グリンデルワルト泊)トレッキング(5)
7/04(火) 7(グリンデルワルト泊)トレッキング(6)
7/05(水) 8(グリンデルワルト泊)トレッキング(7)
7/06(木) 9(グリンデルワルト泊)17:55チューリッヒ発-JL452-
7/07(金)10(機中泊)12:35成田着 自宅に移動

スイスというよりも「グリンデルワルト」へ行きます。
チューリッヒ空港は3回目なので、列車への乗り継ぎ時間が読めてきました。長旅できついですけれど、チューリッヒからグリンデルワルトへ直行します。グリンデルワルト着は20:45(日本時間AM02:45)の見込みです。
現地の日程は決めずに行きます。毎日、当日の朝に気象情報と空をにらんで決めます。これから、晴れ・曇り・雨の場合のコースを沢山調べます。
昨年宿泊したHotel SchweizerhofRomantik Suiteを8泊予約しました。
ラッキーなのは今年のJALチューリッヒ直行便がB747からB777に変わったことです。往復SHELL FLAT SEATを利用できます。昨年はパリ経由で帰国したのですが、今回はチューリッヒ--成田直行便を使うことで7/6の最終日午前中に自由な時間を確保できました。
一応、日程を地図に書き込みしましたが去年一昨年と比べると地図の意味がなくなっています。今、グリンデルワルトの地図を作成中です。
2006年スイス旅行

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月30日 (土)

2005スイス旅日記

前年(2004)のスイス旅行  翌年(2006)のスイス旅行  

 
おもいつくまま綴った日記からスイス旅行の記事をまとめました。 
Nikon D70で撮影した526カットを幅1024ピクセルの画像サイズで登録してあります。 
 



今日はここまでにしよう。 
七夕の日にスイス入りして8日目の朝をマッターホルンの 
麓村ツェルマットで迎えた。明日は帰国のための移動日 
だからスイス山岳地帯のトレッキングは今日が最終日だ。 
7月14日4時45分。 
いつものようにホテルの部屋から薄っすらと白みはじめた 
夜空に浮ぶ山陰を捜す。マッターホルンのシルエットが 
はっきり見える。今日は快晴だ。 
5時20分。 
妻と教会近くの橋でマッターホルンに朝陽が当る瞬間を眺める。 
今日は天気が良すぎて朝焼けが鮮やかとは言えない。 
前兆がないまま、突然マッターホルンのトップがオレンジ色に点灯。 
「今日は天候が安定している。早く食事を済ませ、いっぱい歩こう。」 
と妻に話し、柱脚部にネズミ返しある古い家屋が並ぶ小道を通り 
ホテルへ急いだ。 
05:17夜明け前のマッターホルン 
05:54マッターホルン点灯 
05:59教会とマッターホルン 
06:10ネズミ返しの有る家 


9時10分。 
地下ケーブル、ゴンドラ、ロープウェイを乗り継ぎ、 
標高3,103mのロートホルン山頂に到着。 
無風・快晴・360度の展望。山頂で絶景を眺めている 
人々全員が至福の表情をしている。もちろん我々夫婦も。 
トレッキングコースが眼下にジオラマのように広がる。 
地図でイメージしていたトレッキングコースなど、 
どうでも良くなった。下界に広がる実物のコースを指でなぞり、 
歩きたい場所を決めた。出発はブラウヘルト駅(標高2,571m)。 
目的地は谷を越えてリッフェルアルプ駅(標高2,211m)。 
フィンデル氷河と標高4,634mモンテローザ(右側) 
ずーと景色を眺めていたご夫婦とマッターホルン 
フィンデル氷河とフルハルプレストランと氷河の浸食でできた尾根 
リッフェルアルプ方面 


10時10分。 
標高2,571mのブラウヘルト駅発。時間はたっぷりある。 
天候も心配ない。ロートホルン山頂でイメージしたコースが 
あやふやになり、なんとなくワンちゃん2匹を連れたグループの 
後に続いて歩き出した。公園の中を歩くような気軽な気分だ。 
圧倒的な眺めとお花畑に酔ったようだった。 
いっしょにトレッキングしたワンちゃん。右奥にもう一匹マルチーズがいる 


10時40分。 
標高2,530mシュテリ湖に到着。マッターホルンが写る小さな湖だ。 
小魚がいっぱい泳いでいる。わたすげが群生している。 
高山植物の花々は進むにつれてにぎやかになってきた。 
トレッカーは皆、湖で小休止したのち、折り返すように谷へ下って行った。 
我々夫婦だけが、群生した花々に吸い寄せられるように、 
眼前の尾根を目指して進む。後で考えたらこの時点で予定のコースを外れていた。 
花は更に密度を増してきた。数えきれないほどの種類の花が咲いている。 
シュテリ湖。小魚が沢山いる。わたすげが湖面をにぎやかにしている。 
シュテリ湖。 
花の種類の多さは今回の旅行で1番だった 


11時20分。 
標高2,680mフルハルプのレストラン付近よりロートホルン山頂で 
眺めた尾根に出た。快晴、無風。両側が45度に切り立った痩せ尾根には、 
高山植物が咲き乱れている。太陽に向いた花々がここでは私に向いている。 
両斜面から上がってくる緩やかな上昇気流が花とハーブの香りを運んでくる。 
夢のような香りで満ちている。眼前にはマッターホルン。 
後ろには氷河が迫っている。目頭が熱くなった。 
ロートホルン山頂よりの眺め 
高山植物で埋め尽くされた尾根 
辺りは花とハーブの香りに満ちている 
辺りは花とハーブの香りに満ちている 


12時10分。 
標高2,334mグリンジ湖に到着。まだ尾根を歩いた時の気持ちの 
高ぶりを残しながら小休止。花を避けながら(実際には不可能だが) 
小さな平地に寝そべり、妻に「今日はここまでにしよう。」と呟いた。 
まだ体力は十分あり、2時間ほどかけてリッフェルアルプの駅まで 
トレッキングするつもりだったが、すでに気持ちが満腹だ。 
今日はホテルに早く帰ってゆっくりしよう。という贅沢な気持ちになった。 
グリンジ湖 


13時10分。 
トレッキングの最終日であることを満足しながら、 
標高2,288mスネガのレストランで昼食。ビール・スープ・パン。 
相変わらず晴天・微風。マッターホルンを眺めながら8日間を思い出していた。 
このようなすばらしい旅を体験できたことを感謝したい。 
家族に、そして妻に。ありがとう。 
スネガのレストラン 


20050402Nikkor 
旅行準備編 
2/01 旅の楽しみ 
2/21 スイス旅行予約開始 
2/27 NikonD70購入 
4/02 Nikkor ED 17-55mm F2.8G購入 
---- 写真撮影練習の日々 
5/01 もうすぐスイス旅行 
6/18 スイス旅行準備中 
6/29 スイス旅行まであと1週間 
7/03 スイス旅行まであと4日 



日航成田

7/6(水)成田前泊
 
     テーマ:成田で合流 
     宿泊地:成田 
     写真集 
     スライドショー 
体力を温存するため成田空港近くに前泊します。 
日航ホテルのタダ券があるのでこれを利用しました。 
妻は自宅から。私は出張先の女満別空港から移動します。 


成田空港

7/7(木)移動(成田-チューリッヒ)
 
     テーマ:時差コントロール 
     写真集 
     スライドショー 
成田のホテルでゆっくりするつもりでしたが4:30には 
目が醒めてしまいました。時間を持て余しながらスイスへ 
出発です。スイスのホテルにトラブル無しでチェックイン。 
時差コントロールもバッチリ。 



ロートホルン鉄道

7/8(金)ロートホルン鉄道&トレッキング
 
     宿泊地:グリンデルワルト 
     写真集 
     スライドショー 
昨年は眺めるだけだった登山鉄道に乗ります。頂上は雪。 
天気も回復し、3時間半かけて花に囲まれながら 
トレッキングしました。登山列車利用者の99%が 
頂上まで往復して帰って行きます。 
でもトレッキングしなければ楽しさは20%くらい 
じゃないかな?けっこうハードだけれど。 




アイガートレイル

7/9(土)アイガー北壁沿いの雄大なトレッキング
 
     宿泊地:グリンデルワルト 
     写真集 
     スライドショー 
オーバーハングしたアイガー北壁の下を歩き、 
お花畑を歩き、滝を渡り、眼下の村を眺め、 
感動した!。 


バッハアルプ湖

7/10(日)お花畑トレッキング(フィルスト)
 
     宿泊地:グリンデルワルト 
     写真集 
     スライドショー 
天候が下り坂の中、雲の中に隠れたフィルストへ。 
半分諦めながら濃霧の中を歩くこと1時間。 
突然、雲が抜け湖が現れました。 
グリンデルワルト滞在中で一番きれいな所だった。 
快晴の時にもう2回くらい行きたい!。 


すずめ

7/11(月)世界遺産都市ベルン散策
 
     宿泊地:グリンデルワルト 
     写真集 
     スライドショー 
天候が悪いので予定を変更。古都の散策をしました。 
西暦1400年頃からの町並みが残っています。 
月曜日だったので博物館や教会がクローズして 
いたのが残念。 
ゆっくりした列車の旅と古都散策を楽しみました。 


ツェルマット

7/12(火)移動(グリンデルワルト-ツェルマット)
 
     宿泊地:ツェルマット 
     写真集 
     スライドショー 
数組の個人旅行をされている夫婦の方と 
知り合いになり、情報交換したのだけれど、 
もっと歩きたいところが沢山ある。 
あと数日グリンデルワルトに滞在したく 
なったけれ、残念。 
今日はマッターホルンの麓村に移動します。 



クラインマッターホルン

7/13(水)朝焼けのマッターホルンと高地トレッキング
 
     宿泊地:ツェルマット 
     写真集 
     スライドショー 
山岳ホテルで朝焼けのマッターホルンを眺め、 
登山電車とロープウェイを乗りまわり、 
手軽に高地トレッキングをしました。 
見所がてんこ盛りのコースでした。 


マッターホルン

7/14(木)高地トレッキング(スネガ)
 
     宿泊地:ツェルマット 
     写真集 
     スライドショー 
今回の旅行・・・ 
いや、今までの人生の中で至福の1日でした。 
この日の感動は一生忘れません。 


パリ・シャルル・ドゴール空港

7/15(金)移動(ツェルマット-ジュネーブ-パリ-成田へ)
 
     宿泊地:雲の上 
     写真集 
     スライドショー 
ノントラブルだったのに、ジュネーブ空港で少しトラブル。 
荷物の重量オーバーで約9万円徴収されてしまいました。 
(最終的には8万円戻りましたが・・) 
帰路はシートがフラットになるJAL便を利用するため 
パリ経由で帰国。おかげさまで暴睡できました。 



成田空港

7/16(土)移動(ツェルマット・ジュネーブ・パリ・成田・自宅)
 
     写真集 
     スライドショー 
無事、帰宅。時差ぼけ無し。 
十分睡眠したので疲れもとれました。 


7/17(日)  私は自宅には2週間ぶりに1泊だけ宿泊。  今日から出張。飛行機で地方へ移動。  妻は洗濯物と格闘しているはずです。   
ピンボケ写真集    スイスの花ピンボケ写真集  スライドショー   花を撮るための道具を揃えたのに まともな写真は撮れませんでした。 

| | コメント (0)

2005年6月18日 (土)

スイス旅行準備中

今年の1月末から始めたスイス旅行準備が大詰めに入りました。
懸案だった帰路(パリ・成田)の座席も確保できました。ホテル・電車のチケットも揃いました。
今回は個人旅行のため、乗り越えなければならないハードルがいくつもありました。でもこれが楽しかった。新たなハードルが現れドタキャンも有るかもしれませんが、今年のスイス旅行が目前に迫ってきました。

まずは準備中の資料の一部を・・・・・・・・・
今年予定しているコースです。
2005Map



参考までに昨年のコースです。ツアー旅行だとどうしても訪れる場所が多くなる。でもこの経験で今年のプラン作成のための絞込みができた。(もっと極めたい場所と、1回行けば良い場所の区別)


おおまかな日程です。
7/6(水)成田前泊
     宿泊地:成田
     ホテル:日航ホテル成田
     テーマ:二人は成田で合流
7/7(木)移動(成田-チューリッヒ)
     宿泊地:インターラーケン
     ホテル:インターラーケンホテル
     テーマ:時差コントロール
7/8(金)ロートホルン鉄道&トレッキング参考1 参考2
     宿泊地:グリンデルワルト
     ホテル:シュヴァイツァーホフ
     テーマ:SL山岳鉄道とアイガー・ユングフラウ眺望
7/9(土)メンリッヒェンとアイガートレイル参考1 参考2
     宿泊地:グリンデルワルト
     ホテル:シュヴァイツァーホフ
     テーマ:アイガー北壁沿いの雄大なトレッキング
7/10(日)ミューレン周辺トレッキング参考1 参考2
     宿泊地:グリンデルワルト
     ホテル:シュヴァイツァーホフ
     テーマ:山岳鉄道満喫と孤高の村ミューレン散策
7/11(月)フィルスト周辺トレッキング参考1 参考2
     宿泊地:グリンデルワルト
     ホテル:シュヴァイツァーホフ
     テーマ:お花畑トレッキング
7/12(火)移動(グリンデルワルト-ツェルマット)参考1 記事2
     宿泊地:ツェルマット
     ホテル:リッフェベルク
     テーマ:山岳ホテルへ移動・夕暮れのマッターホルン
7/13(水)ゴルナード周辺トレッキングと山村ハイキング参考1 参考2
     宿泊地:ツェルマット
     ホテル:ミラボー
     テーマ:朝焼けのマッターホルンと高地トレッキング
7/14(木)スネガ周辺トレッキング参考1 参考2
     宿泊地:ツェルマット
     ホテル:ミラボー
     テーマ:高地トレッキング
7/15(金)移動(ツェルマット-ジュネーブ-パリ-成田へ)
     宿泊地:雲の上
     ホテル:機内泊
     テーマ:ひたすら移動
7/16(土)移動(パリより成田-自宅)
7/17(日)夫:出張? 妻:洗濯?

おおよそのタイムスケジュール
持ち物リスト
スイスの鉄道チケット
スイスパス利用可能地図
鉄道検索
ツェルマット時刻表
JALフライトキャディサービス
衛星写真の地図
モジュラープラグアダプター


昨年は5家族とツアーでスイス旅行しましたが、我々以外に旅行の大先輩のKさんもスイスに行かれるようです。世界中を旅されている方も、スイスはまた行きたくなる場所みたい。今年はまともな写真がとれるかな?
旅日記は感動が醒めないように毎日ホテルで書き込み、このブログにアップしていくつもり。
(参考)昨年のスイス旅行
2004スイス旅日記
2004スイス旅行写真集
2004スイス旅行雑学(1)
2004スイス旅行雑学(2)
2004スイス旅行を終えて

※以前からの傾向だけれど、ココログ不調。書き込みが思うようにできない。スイスの電話回線でこんな状態では困る。乗り換えしようかな・・

____

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年5月 1日 (日)

もうすぐスイス旅行

10日間の旅行を半年かかりで準備してます。スイス旅行まであと2ヶ月。準備がいよいよ、あわただしくなってきました。
■写真の練習
写真撮影の練習はそろそろ終わりにしようと思います。D70の使い方やレンズの特性もおおよそのことは覚えました。元々カメラが趣味ではないので、花の写真撮影も興味がなくなってきました。下手のよこずきですから、これ以上練習しても上達できないと思うので、あとはぶっつけ本番です。

■飛行機の手配
帰りのパリ・成田の航空券が確保できていません。JALアップグレード特典を利用したビジネスクラスで往復予定なのですが、お願いした係りの人が手配スタート遅れてキャンセル待ち状態です(他便は全てOK)。最悪のケースを考え普通運賃のビジネスクラスを押さえてあります。我々夫婦はエコノミーセイバーという航空券の料金しか払わないので、普通運賃ビジネスクラスにすると差額が1人片道30万円は出るはず。もしこの安全策が実行されたら係りの人の夏のボーナス大丈夫かな?
ビジネスクラスが1階 のタイプの便で、主翼部分の席が多いので、まだ予約確定できていないから窓側は難しいかも。今回は機内から地上を撮影する道具が用意できているのだけれど。帰路の下界撮影は無理かも。

■ホテル手配
今回はアイガーやユングフラウの麓村のグリンデルワルト5泊とマッターホルンの麓村のツェルマットに3泊します。宿泊は朝夕2食付にしました。予約キャンセルすると、キャンセル料を沢山取られるのでキャンセル保険に入っています(キャンセル保険料だけでも約12,000円)。4月から保険料値上がりのため3月にホテル手配・支払いを完了してます。
予約したホテルについてもう少し具体的には・・・
◇1日目:インターラーケン泊
チューリッヒ空港からグリンデルワルトまでの列車確保できないため、大きなトランクは2泊目のグリデンワルドに送って、身軽な格好で、ハイキング後に途中泊します。LAN接続OK。この日は去年眺めるだけだった SLに(その時の写真) 今回はこのように 乗り ロートホルンまで上がって、ハイキングするつもりです。
◇2~5日目 グリンデルワルト泊
アイガービューのアパルトメントタイプ(ジュニアスイートを希望したらこのタイプになった)の部屋を押さえてます。LAN接続NG。荒れ模様で無い限り(雨が降っても)毎日ハイキングします。雨の日は、光がやわらかいのでお花畑を歩いて高山植物の写真を撮るつもり。
◇6日目 ツェルマットの山岳ホテル泊
マッターホルンビューの標高が最も高いホテルを狙ったのですけれど、今年は改装工事中でダメ。少し下った(標高2800mくらいかな?)マッターホルンビューの部屋を押さえています。LAN接続NG。夕焼けと朝日を浴びる マッターホルン を拝むつもり。天気が悪かったら最後だけど・・・・
◇7・8日目 ツェルマット泊
マッターホルンビューのアパルトメントタイプの部屋を押さえてます。LAN接続OK。ツェルマットの村を散策するのも楽しみの一つ。

■道具購入
スイス国内は鉄道移動なので、大型トランクを翌々日に到着する駅に送って、1・2泊分の荷物を背負ってハイキングする予定です。40リッター程度のリュックを2つ買いました。腰で重さを受けるタイプのハイテクリュックに感激しました。ストックも買いました。ほかにも色々買い集めています。

■足慣らし
スイスでは毎日歩きっぱなしなので、何度か足慣らしをしようとしています。昨日、奥多摩を歩いてきました。両手に新しく購入したストックを持ってあるいたのだけれど、これがなかなかです。常に手すりを持ちながら登るような感じとなって、足腰の負担が大幅に軽減できそう。使いこなすのにもう少しトレーニング必要な感じ。

■現地の鉄道情報収集
スイスは幹線鉄道・登山鉄道が発達していて、沢山のサービスメニューがあります。個人旅行なのでこれも理解して手配しなければなりません。某BBSに次のような問い合わせしています。このあたりは大変だけど個人旅行の醍醐味です。
////////以下、BBS書き込み内容から転載///////////////
◇スケジュール
  ・・・・略
◇使用する乗物
・チューリッヒ=>インターラーケン(1等)
・インターラーケン=>プリエンツ
 ロートホルン鉄道
・プリエンツ=>インターラーケン
・インターラーケン=>グリンデルワルト(1等)
 グルントGGMロープウェイ・JB登山鉄道(1駅分片道のみ)
 WAB登山鉄道・BOB登山鉄道・BLMケーブルカー
 BLM登山鉄道・BGFロープウェイ
・グリンデルワルト=>ツェルマット(1等)
 GGB登山鉄道・スネガケーブルカー
・ツェルマット=>ジュネーブ(1等)

◇ライゼゲベックとパス購入について教えてください。
 同様の質問をした過去ログが沢山あるので、これを参照して
 自分なりの方向性を出せばいいのですがですが、チューリッ
 ヒ=>グリンデルワルトのライゼゲベックは経験された方から
 情報をいただければナ。と思っています。
 パスの件は沢山話題がでているのですが、選択肢が沢山あっ
 て迷っています。申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

【問い合わせ1】
1日目夕刻出し(19:00前)のライゼゲベックで翌日グリンデルワ
ルト受取りは不可能でしょうか?エクスプレス使用はできないの
でしょうか?ダメなら、インターラーケンのコインロッカーに預
けてロートホルン鉄道に乗るしかないかな?と思ってます。

【問い合わせ2】
スイスセイバーパス+ユングフラウ鉄道パス+ツェルマットの
ピークパスを予定しているのですが、他にお勧めなパスがあるで
しょうか?
お買い得なことと、無計画に天気次第で歩き回るつもりなので、
その都度チケット購入しなくても済むタイプがいいのですが・・・・。
JB登山鉄道(ユングフラウ鉄道)はアイガートレイルのため1駅分
片道のみ乗るだけです。ユングフラウヨッホ駅までは行きません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月10日 (日)

スイス旅行準備

夏のスイス旅行準備を進めています。カメラ購入・撮影練習もその一部です。
BBS で問い合わせなどもしてます。
ほぼ順調なのだけれど、パリからの帰りの便が確保できずにいます。依頼した相手がルーズな人物で手配が遅れて満席(JALアップグレードのCクラス)。力技でなんとかしなければなりません。(翌日は仕事なので、帰りはなんとしてもフラットシートで寝て帰国したい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月21日 (月)

スイス旅行予約開始

ついに、今年の夏休みプランを実施レベルにアップさせました。
ホテル予約しました。もうキャンセルすると手数料取られます。山麓の村ばかりに泊まるので通信環境が厳しそう。
スイスの列車時刻表も入手して、使う列車まである程度見えてきました。
あとは飛行機の手配です。今年行きはこれだけど、帰国はパリ経由のこれのつもり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧