« プリウスPHV壁掛式充電器新設決定 | トップページ | さっぽろ雪まつり »

2012年2月 5日 (日)

PHVのハードル(1)

PHV普及の壁をおもいつくままつづります。
充電設備の条件は「戸建住宅」だけでは不足します。

私が感じた充電設備設置条件です。
PHV注文前にはっきりさせないと迷いが出ます。
1)建物壁に充電器を設置できる。
   離れていると電源引き込み工事が別途必要(埋設or架空)
   充電器設置用の造作必要(基礎・支柱等)
2)駐車場所に屋根がある。
   雨や雪の中での充電は大変だし不安。
3)単相3線で受電している。
   単相2線だと200v使用できない。
   引き込み線と分電盤入れ替え必要。
4)引き込み線容量に余裕がある。
   引き込み線の入れ替えが必要。

たまたま自宅はすべてクリアしていたので注文しました。
このあたりの知識(意識)を持っていない注文者もあるはず。
販売店側の体制つくり不足を感じます。
電源に関してはトヨタホームさんに頼りすぎ。

|

« プリウスPHV壁掛式充電器新設決定 | トップページ | さっぽろ雪まつり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プリウスPHV壁掛式充電器新設決定 | トップページ | さっぽろ雪まつり »