« 愛用パソコンケース | トップページ | 久しぶりのタンデムツーリング »

2006年10月22日 (日)

ピントの深度

今日は休日です。食事後に近所の自然公園を歩いてきました。
花は終わって、紅葉はまだ。メリハリありません。
僅かに咲いていた小さい花を接写。2つの花を絞りを変えて
撮ったのを載せておきます。
せっかく写真とったので・・・・・

一眼レフデジカメとコンパクトデジカメの違いはCCDの大きさ。
ボケのコントロールはコンデジではできません。

Nikon D70 + Ai AF Micro Nikkor 105mm F2.8Dで撮影。
掃除していなかったので。ゴミがくっきり。

1/180sec f/6.7 iso200 CCD受光部と2つの花が同一距離に
なる場所にカメラを移動します。
1/180sec f/6.7 iso200

1/10sec f/32 iso200 ここまで絞れば、105mmのレンズでもピントが深くなります。背景がゴチャゴチャして花が埋もれてしまう。
1/10sec f/32 iso200


1/500sec f/3.8 iso200 絞りは開放でも接写すると光量が減ります。(2.8のレンズが開放でも3.8となる)
1/500sec f/3.8 iso200

1/15sec f/22 iso200
1/15sec f/22 iso200

|

« 愛用パソコンケース | トップページ | 久しぶりのタンデムツーリング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47139/12379424

この記事へのトラックバック一覧です: ピントの深度:

« 愛用パソコンケース | トップページ | 久しぶりのタンデムツーリング »