« あれこれ | トップページ | 座ブトンの上には立たないで下さい »

2006年2月26日 (日)

福井から

なんとか小松空港に入りました。しかしながら2/26JAL1275の機長さんとCAさんのアナウンスには呆れてしまいました。
JAL1275は搭乗時の「気象状況により引き返し有り」のインフォメーション無し。
正午前後の小松空港、気流は安定していたのですが、ガスがかかり視界悪い状況が続きました。
小松空港はたぶんcategoryⅠ。2回のランディングを試みたのですが、小松空港周辺のガスがとれず着陸断念。
CAさんのアナウンス(軽くお詫びのコメントが入っていました)
「天候不良のため羽田空港に引き返します。羽田の天候は雨。気温は10度です。」
機長のアナウンス(お詫びのコメント無し)
「2回の着陸中止を経て、これから羽田に引き返します。」
着陸時の揺れが少なかったので、ほとんどの人は「天候不良」の意味が解らなかったと思います。
着陸できない理由がアナウンスされないまま、羽田に向かい、着陸30分前にやっと「今後の予定が解りません。羽田でご案内します。」というアナウンスが入る。
そして、羽田に着陸した時CAさんがアナウンス。「皆様、ただいま東京国際空港に着陸いたしました。気温は・・・」いつもの調子でしゃべっています。呆れてしまいました。なんとかなりませんかJALさん。
今週は今日から仕事スタートです。福井・金沢・札幌・旭川・釧路・千葉コースです。今晩は福井の定宿に泊まっています。RICHO GR-DIGITALで撮影
福井の定宿

|

« あれこれ | トップページ | 座ブトンの上には立たないで下さい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47139/8851837

この記事へのトラックバック一覧です: 福井から:

« あれこれ | トップページ | 座ブトンの上には立たないで下さい »