« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月31日 (火)

連続して京王プラザのエグゼクティブルーム泊

先週に続き京王プラザ札幌に泊まっています。いつもディスカウント料金で宿泊するのですが、時々エグゼクティブルームを使わせてくれます。先週に続き、今週も最上階のエグゼクティブシングルルームひょっとしたら「お得意様」になれたのかな?
明日は、早起できたら大通り公園を散歩してみようと思います。朝食後に釧路へ汽車移動です。今日は早く寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月30日 (月)

今週も北海道

今週も北海道で仕事です。1週間でほぼ1周しなければなりません。先週の疲れが取れない。
写真は羽田空港ダイヤモンド・プレミアラウンジのリラクゼーションルーム。こんど使ってみよう。
では出かけます。
リラクゼーションルーム
後述:写真をあとから見ると、怖そうな椅子に見える。腕のスライド式マッサージャーが手かせに見える。(札幌から)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月29日 (日)

JGC(Jal Global Club)の効力

昨晩、北海道から母と叔母を連れて、帰ってきました。添乗員さんの大変さが良くわかりました。2人だけのの引率なのだけれど疲れました。帰宅してバタンキュー。AM3:00に目が覚めてしまい。眠り薬がわりにパソコンを触っています。
今回の旅行でJGC(Jal Global Club)が優遇されていることを実感しました。
今回の旅行は母親と二人だけの予定でしたが、急遽、叔母も参加しました。ゆったりした席の クラスJ を確保したかったのですが、叔母の分は1週間前に特割7という割引運賃で航空券予約をした時点でクラスJはすでに満席。割引運賃のためクラスJキャンセル待ちもできません。普通席での予約となりました。
予約状況は次のとおりです。
  私:クラスJキャンセル待ち(ほぼ確実に確保できる)
  母:クラスJ予約済み
  叔母:普通席(クラスJキャンセル待ち不可)
この予約状況で3名共クラスJで並んで席確保をJGCカウンターでお願いしました。結果はクラスJ満席なのに数少ない、 旧スーパーシート に3人並んで席を確保ができました。
搭乗する便は旧JASのB777-200。この機材は以前からレインボーシートという広めのシートが付いていて通常のクラスJとは違います。JALで全廃されたスーパーシートが残されている数少ない機材です。ただし、この大型の旧スーパーシートは 12席 しかなく、なかなか座れません。
今回の席確保の中でJALの方から「JGC席」という言葉が出ました。席に関してはJGCダイヤモンドなのかもしれません。一番前がJGC席で、便全体が満席状態でも実際にはJGC席は空席で確保されているみたい。母・叔母は満足したようです。


水芭蕉(28日中山峠)
水芭蕉

座禅草(28日中山峠)
座禅草

こごみ(28日支笏湖畔)
こごみ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月27日 (金)

今日は定山渓

昨晩から私は札幌観光の添乗員、兼運転手です。
今日は終日曇りだったけれど、予定をこなしました。母・叔母も喜んでくれたみたい。良かった。本日のコースは札幌道庁舎・大通り公園・百合が原公園豊平峡ダム・定山渓です。百合が原公園にはロックガーデンという名前のスペースで、高山植物を極めて自然な状態で見ることができます。全体的に本来の高地に咲く高山植物に比べると、育ちすぎの感がありますが、みごとです。札幌駅から車で15分の距離のところで、こまくさを栽培できるのですから、札幌は関東甲信越で言うと標高2000mくらいの気候なのかも。6月末まで楽しめるとのこと。
豊平峡ダム紅葉の名所で、まだ残雪もあり、訪れる人もまばらです。雪解け直後の山の斜面に「こごみ」が群生しており、野草の好きな叔母が子供のようにはしゃいで、コンビニの袋いっぱいになるまでこごみ摘みしていました。
今日はプリウス(レンタカー)で移動しました。初めてのハイブリッド車の運転なのですが、自然に運転でき、ハイブリットを感じさせないのが凄かった。
電気モーター駆動といってもそれなりのノイズがあるので特別な感じは無いです。長い登り坂になると突然エンジンがキックダウン状態でうなりながら回転します。突然軽自動車のような雰囲気になります。それと前席シートは大型のものがいいな。
すごいと感じたのは、エンジンとブレーキの感覚を電気モータで再現するソフトウエアと制御機器。特にブレーキ制御はため息が出るくらいすごい。ブレーキペダルの踏力に敏感に反応しながら京浜急行特急のようなモータ負荷音を出し、極めて自然な制動をします。ソフトウエアが凄い。
豊平峡ダムのふきのとうの写真を貼り付けておきます。
豊平峡ダムふきのとう
(百合が原公園の写真は こっちに やりなおしして掲載してます。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月26日 (木)

すし善と藻岩山

今日の夕食は円山公園のすし善です。家族と札幌に来た時は、ここに連れてきています。今日はホッキ貝とマグロが美味しかった。全般的にはいつもよりネタが貧弱な感じ。・・・・というより寿司系に飽きているのが原因かも。叔母は初めてなので感激してくれました。よかった。よかった。
私がびっくりしたのは、料金の安さ。いつもの半額です。チェック時に「間違いでないか?」と聞いてしまったくらいです。いつもこのぐらいだったら、スゴイのだけれど。なぜ安いのだろう???
今日の札幌は午後から晴天になり、空気も澄んでいるので食事後に藻岩山に登ってきました。きれいだった。母・叔母が喜んでくれてよかった。よかった。展望台はまだ雪が残っていたけれど。寒くなかった。
京王プラザの最上階に泊まっていて、部屋からの夜景がきれいなのだけれど、藻岩山の夜景をみてしまうと部屋のありがたさが薄れてしまった。
明日はレンタカー移動で定山渓に泊まります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月25日 (水)

札幌で親孝行

今日は札幌入りしている母と叔母(母の妹)と夜合流しました。美味しい寿司をご馳走するつもりだったのですが、なぜか休み。和食屋さんに連れてきました。2人とも生まれれ始めての味や食感を経験できたみたいです。よろこんでくれたみたいです。良かった。10品くらいを2時間かけて食べました。本州の食通の方が利用してもよろこんでくれるような食材を使用しています。店名は諸事情で言えません。



エビ:母親は生ものがダメなので調理してもらいましたが、私と叔母は生で食しました。数分前まで目の前の水槽で泳いでいる海老を氷水の中で仮死状態にして出てきます。普通は水槽で生きた魚介類を食べても美味しくはないのですが、ここの海老は美味しい。調味料はなにも要らない。ただ、皮を剥いて食べるでけです。
海老


「本物の」ししゃもです。本州と北海道ではししゃもの種類が違うみたいです。美味しいけど計算してみると異常に高価。
ししゃも

食べるのとおしゃべりがメインとなって撮影できませんでした。明日は美味しい寿司屋に連れて行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羽田空港 JAL ダイヤモンド・プレミア ラウンジ2

5月15日にオープンした羽田空港のダイヤモンド・プレミアラウンジにいます。
先週は窓の無いラウンジを使いましたが、今日は窓側のラウンジです。
明るくて、眺めはいいのですが、観光者向けかな?ビジネス関連の装備が無いのとトイレが、サクララウンジと共用です。あんまり人気が無いみたい。空いているので穴場にはなりそうです。これから札幌に飛びます。
ラウンジ


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年5月20日 (金)

ネクタイを外す時

今週の仕事を終えて、千歳空港のサクララウンジで休憩しています。なんとか今週の予定を消化しました。
ネクタイを外して、生ビールを飲んですこしリラックスしてます。自宅まではまだ遠いけど、ホッとする時間帯です。
dさんに今朝の手稲山をLC-1+PLフィルタで撮影するとコメントしたのですが、撮るには撮ったのですが、天気が良くて極めて普通の写真になってしまいました。ここに載せるのやめておきます。
今日の札幌は最高です。晴天・無風・ポカポカ・春爆発です。東京に帰るのがもったいないです。(でも帰りますが・・・)
昨日の強風は凄かったみたい。千歳周辺は風での倒木が目立ちました。また来週も北海道入りの予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月19日 (木)

今朝の手稲山

今朝の北海道は天気が悪いです。でも回復傾向で雲の切れ間がでてきました。定宿からは手稲山が見えます。風が強いので光の帯が生き物のように踊っています。10分間見とれてしまいました。山頂に陽が当たるのを待ったのですが、山頂付近の雲はどいてくれませんでした。街は桜が咲いて、山頂はまだ冬景色。秋もいいけどこの季節もきれいです。
手稲山


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年5月18日 (水)

梅の盆栽

札幌にいます。今朝の札幌の道路端の写真です。時間が無い中で歩きながら撮ったのでまともな写真が撮れてないのですけど、開花情報写真です。
北海道の春は梅も桜もチューリップも一斉に爆発して咲きます。10日ほど前に爆発の感じがあったのですが、ここのところ寒くて固まってしまっています。桜は6分咲きというところかな?
冬は除雪に雪で埋まる、グリーンベルトの梅(桜?)です。除雪の雪山に埋もれて盆栽状態です。札幌は春の爆発寸前です。それにしてもガクガクブルブル。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月17日 (火)

羽田空港 JAL ダイヤモンド・プレミア ラウンジ

おとといオープンしたダイヤモンド・プレミア ラウンジを利用しました。けっこう利用されている方が多いのでびっくりしました。JGCのネームタグが私が持っているひよこタイプ(四角で濃い青)以外の方もいます。
スタートしたばかりなのか、人員体制が厚くなっています。受付の方は偉い人みたい(若い女性ですけど)。専用の手荷物検査は5名体制でそれはそれは丁寧な応対をしてくれます。検査室まで重圧な内装でびっくり。
ラウンジ内はそれほどびっくりはしないけど、ゆったりしています。施設で違うのは、
・全般的に内装材のグレードが高い。
・生ビールサーバーが「本日のビール」と「芳醇プレミアムなんとか」となっている。
・ジュース類が自動販売機形式でなく、サーバーに入っている。
・パンがある。(あんまりおいしくなかった)
・コーヒーがおいしい。
困ったことは、ビジネスブースが6人分しかなくて満席なことです。他の席には電源もLANも無いのでこれはダメ。利用者の分析を誤ったみたい。改修が必要と思います。それから出発の案内表示ディスプレイが小さい。
今日は窓の無いラウンジに入ったのだけれど、来週は「窓有り」を利用してみます。
ではこれから出かけます。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月15日 (日)

JALマイレージについて

ここのところ、そこそこ忙しくてご無沙汰してました。相変わらず飛び回っているのでネタ(話題)切れでは無いのですが、気持ちに余裕がないのです。
土日は休みだったのですが、先ほどまでやりたくない作業を半徹で続けてきました。まだ終わらないのですけれど、明日からまた仕事なので気持ちを入れ替えるため作業を中断。気分転換のつもりで書き込みします。
飛行機をよく利用した場合の特典について書き込みします。
私はJALのJGCダイヤモンドカードを持っています。といっても仕事の関係で移動に飛行機を利用することが多いだけ、自分の力ではありません。仕事の内容が変わればJALにとって「ただの人」に戻ります。
現在取得しているJGCダイヤモンドカードは所持されている方が少ないので簡単にまとめてみます。
これがそのカードです。

◆写真右上:ダイヤモンドカード
年間利用回数やポイント(マイル)によって4段階に分かれているのですが、この最上位のカードです。通常はJMBダイヤモンドなのですが、JGC会員の場合JMBダイヤモンドよりサービスが増えるJGCダイヤモンドカードを現在所持しています。
1年更新で、搭乗実績が少なくなると剥奪されます。条件は年間に120回以上もしくは100000ポイント以上のJALを利用することです。1ポイントは国内線の場合0.5マイル、国際線の場合は1マイルです。これを達成するとダイヤモンドカードが取得できます。
◆写真左上:JGC(Jal Global Club)JALカード
サファイヤカード(年間50回以上もしくは50000ポイント以上)を取得すると、JGC入会資格を得ることができます。写真のようなJAL(クレジット)カードを持つことが条件で、年会費が必要です。(私のカードの場合16,800円)この会員になると、JALの搭乗回数が少なくなっても、会員の間はサファイヤカードの特典+アルファを享受できます。私の持っているカードは航空機や旅行代金の決済限度額が150万円。ファーストクラスの航空券購入のためこのような設定になっているのかな?
◆写真中上:CENTURY21カード
入会金10,500円 年会費36,750円のメンバーシップクラブの会員カードです。私には縁の無い世界。
◆写真左下:特典の券が綴られています。
  ・空港ラウンジ利用券3枚
  ・クラスJ(少し広い飛行機のシート)の利用券8枚。
  ・ニッコーホテル宿泊券2泊分
  ・デズニーシーのJALラウンジ利用件2枚
  ・フラワーギフト券(こんな花が母の日に届きました)
  ・国際線アップグレード2往復分
◆写真右下:ネームタグ(別名ひよこマーク)
JGC会員になると、質感の高いネームダク(裏側に名前が彫刻されています)と写真にはありませんが、これまた質感のある(重すぎる)ネーム入りのパスポートケース貰えます。
空港で写真のネームタグをぶら下げて歩いている人を時々見かけますが、じつはこれは若葉マークみたいなものでして、累計で500回乗るとタグの形や色が変わります。そしてさらに上のクラスもあるようです。このタグがステータスのように言われる方もいますが、実はひよこマークです。ちなみに私もひよこです。
◆メリット
◎利用頻度が高いのでラウンジを利用できることがやはり一番のメリットです。休憩できるし、資料作成や打ち合わせもできます。また海外でのトランジット等で時間つぶしする時に助かります。5月15日、羽田にダイヤモンド・プレミア ラウンジがオープンしました。17日には羽田に行くので利用します。余裕があったら、感想を書き込みます。
◎予約無くてもほぼ乗れます。キャンセル待ちを最後に申し込んでも先頭になります。皆さんには申し訳ないのですが、仕事で移動する身なので大変助かります。予約無しで満席の飛行機に出発15分前飛び乗りを良くやります。
◎手荷物が先頭に出てきます。ほとんどはカバンを機内に持ち込んでいるのですが、小さな飛行機やおみやげを沢山持った乗客が多い便の場合、カバン収納ができないので、手荷物を預けます。JALの国内便の場合、黄色下地に黒文字で「DOORSIDE」と表示された荷札が付くと荷物が最初に出てくるのですが、その最初グループの先頭。つまり一番前ばかりです。きょろきょろしなくて済み助かります。いつも一番となる理由がどこにあるのか良くわかりません。JGCなのかダイヤモンドなのか・・・・
◎前方席が確保できます。ほぼ満席状態の便に直前予約しても、必ず前方通路席が確保できます。到着してから早く降りれるので助かります。
◆ディメリット
×時々CA(旧称スッチー)さんが、挨拶にきます。周りの人からは煙たがられるし、うとうとしている時に声をかけられるとドキッとします。挨拶はいらないと思うのだけれど。
×沢山乗るのですけど、飛行機はやっぱり怖いです。飛んでいる飛行機から異音がしたり、着陸やり直し、着陸直後高速地上走行時の蛇行等があると、怖いです。着陸の時はいつも組んだ足を元に戻します。着陸失敗したとき、衝撃で自分の足の骨がお腹に刺さらないように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 1日 (日)

もうすぐスイス旅行

10日間の旅行を半年かかりで準備してます。スイス旅行まであと2ヶ月。準備がいよいよ、あわただしくなってきました。
■写真の練習
写真撮影の練習はそろそろ終わりにしようと思います。D70の使い方やレンズの特性もおおよそのことは覚えました。元々カメラが趣味ではないので、花の写真撮影も興味がなくなってきました。下手のよこずきですから、これ以上練習しても上達できないと思うので、あとはぶっつけ本番です。

■飛行機の手配
帰りのパリ・成田の航空券が確保できていません。JALアップグレード特典を利用したビジネスクラスで往復予定なのですが、お願いした係りの人が手配スタート遅れてキャンセル待ち状態です(他便は全てOK)。最悪のケースを考え普通運賃のビジネスクラスを押さえてあります。我々夫婦はエコノミーセイバーという航空券の料金しか払わないので、普通運賃ビジネスクラスにすると差額が1人片道30万円は出るはず。もしこの安全策が実行されたら係りの人の夏のボーナス大丈夫かな?
ビジネスクラスが1階 のタイプの便で、主翼部分の席が多いので、まだ予約確定できていないから窓側は難しいかも。今回は機内から地上を撮影する道具が用意できているのだけれど。帰路の下界撮影は無理かも。

■ホテル手配
今回はアイガーやユングフラウの麓村のグリンデルワルト5泊とマッターホルンの麓村のツェルマットに3泊します。宿泊は朝夕2食付にしました。予約キャンセルすると、キャンセル料を沢山取られるのでキャンセル保険に入っています(キャンセル保険料だけでも約12,000円)。4月から保険料値上がりのため3月にホテル手配・支払いを完了してます。
予約したホテルについてもう少し具体的には・・・
◇1日目:インターラーケン泊
チューリッヒ空港からグリンデルワルトまでの列車確保できないため、大きなトランクは2泊目のグリデンワルドに送って、身軽な格好で、ハイキング後に途中泊します。LAN接続OK。この日は去年眺めるだけだった SLに(その時の写真) 今回はこのように 乗り ロートホルンまで上がって、ハイキングするつもりです。
◇2~5日目 グリンデルワルト泊
アイガービューのアパルトメントタイプ(ジュニアスイートを希望したらこのタイプになった)の部屋を押さえてます。LAN接続NG。荒れ模様で無い限り(雨が降っても)毎日ハイキングします。雨の日は、光がやわらかいのでお花畑を歩いて高山植物の写真を撮るつもり。
◇6日目 ツェルマットの山岳ホテル泊
マッターホルンビューの標高が最も高いホテルを狙ったのですけれど、今年は改装工事中でダメ。少し下った(標高2800mくらいかな?)マッターホルンビューの部屋を押さえています。LAN接続NG。夕焼けと朝日を浴びる マッターホルン を拝むつもり。天気が悪かったら最後だけど・・・・
◇7・8日目 ツェルマット泊
マッターホルンビューのアパルトメントタイプの部屋を押さえてます。LAN接続OK。ツェルマットの村を散策するのも楽しみの一つ。

■道具購入
スイス国内は鉄道移動なので、大型トランクを翌々日に到着する駅に送って、1・2泊分の荷物を背負ってハイキングする予定です。40リッター程度のリュックを2つ買いました。腰で重さを受けるタイプのハイテクリュックに感激しました。ストックも買いました。ほかにも色々買い集めています。

■足慣らし
スイスでは毎日歩きっぱなしなので、何度か足慣らしをしようとしています。昨日、奥多摩を歩いてきました。両手に新しく購入したストックを持ってあるいたのだけれど、これがなかなかです。常に手すりを持ちながら登るような感じとなって、足腰の負担が大幅に軽減できそう。使いこなすのにもう少しトレーニング必要な感じ。

■現地の鉄道情報収集
スイスは幹線鉄道・登山鉄道が発達していて、沢山のサービスメニューがあります。個人旅行なのでこれも理解して手配しなければなりません。某BBSに次のような問い合わせしています。このあたりは大変だけど個人旅行の醍醐味です。
////////以下、BBS書き込み内容から転載///////////////
◇スケジュール
  ・・・・略
◇使用する乗物
・チューリッヒ=>インターラーケン(1等)
・インターラーケン=>プリエンツ
 ロートホルン鉄道
・プリエンツ=>インターラーケン
・インターラーケン=>グリンデルワルト(1等)
 グルントGGMロープウェイ・JB登山鉄道(1駅分片道のみ)
 WAB登山鉄道・BOB登山鉄道・BLMケーブルカー
 BLM登山鉄道・BGFロープウェイ
・グリンデルワルト=>ツェルマット(1等)
 GGB登山鉄道・スネガケーブルカー
・ツェルマット=>ジュネーブ(1等)

◇ライゼゲベックとパス購入について教えてください。
 同様の質問をした過去ログが沢山あるので、これを参照して
 自分なりの方向性を出せばいいのですがですが、チューリッ
 ヒ=>グリンデルワルトのライゼゲベックは経験された方から
 情報をいただければナ。と思っています。
 パスの件は沢山話題がでているのですが、選択肢が沢山あっ
 て迷っています。申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

【問い合わせ1】
1日目夕刻出し(19:00前)のライゼゲベックで翌日グリンデルワ
ルト受取りは不可能でしょうか?エクスプレス使用はできないの
でしょうか?ダメなら、インターラーケンのコインロッカーに預
けてロートホルン鉄道に乗るしかないかな?と思ってます。

【問い合わせ2】
スイスセイバーパス+ユングフラウ鉄道パス+ツェルマットの
ピークパスを予定しているのですが、他にお勧めなパスがあるで
しょうか?
お買い得なことと、無計画に天気次第で歩き回るつもりなので、
その都度チケット購入しなくても済むタイプがいいのですが・・・・。
JB登山鉄道(ユングフラウ鉄道)はアイガートレイルのため1駅分
片道のみ乗るだけです。ユングフラウヨッホ駅までは行きません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »