« 夜の大通り公園 | トップページ | 北斗星満室 »

2004年12月22日 (水)

帰宅しました

仕事が終わらなくて、6日間札幌で仕事をして、先ほど高速バスで帰宅しました。ほとんど毎日ホテルと事務所間をタクシーで往復していたので、寒さを感じなかったのですが、今日の帰りの駅ホーム(琴似)は寒かった。ホームに上がるタイミングを間違えて、風が吹き抜けるホームに3~4分立っていたのですが、冷え切りました。今日の札幌の最高気温は-5℃。昇降客の靴についた雪がホームにパラパラあるのですが、昇華状態です。つまり、踏んでも擦っても溶けずに、少しずつ蒸発して無くなるのです。「しばれる」は-10℃以下で使うみたいなので、まだまだ序の口ですが、風が強いと寒かった・・・
タクシー運転手さんの話だと、-10℃までは中途半端で道路は滑る。-10℃を超えると舗装道路みたいにタイヤが食いつくそうです。外気より路面温度が高いのと、タイヤで雪が溶けて、これが凍るため少しの寒さでは滑るそうです。
千歳・羽田の飛行機には2人の男性客室乗務員さんが勤務していました。パーサーは女性です。男性のパーサーが搭乗している便はたまに経験し、それなりに格好がつくのですけれど、今回のようなことは初めてです。男性がブランケットや飲み物を配るのは見る側も慣れないのでやっぱり変です。中国や東南アジアの航空会社便に乗っているみたい。いろいろあるのだろうな、JALさんも・・・・
昨日12月21日から羽田空港のJALターミナルが変わりました。到着で通り過ぎただけなので良く解らないのですが、長大なコンコースができて巨大空港。という感じです。シンガポール空港や東浦空港みたいなボリューム感です。間違って違うゲートに行ったら大変なことになりそう。(今まで1回だけ失敗しました。座席番号をゲート番号だと間違ったことが・・・)、
高速バスはANAのターミナルから来るので、良い席が取れないし、バスの便指定が必要になって回数券使っていても、カウンターに並ぶ必要がでてきました。良いこと無いです。
空港内の1店舗あたりのショップの売上げは確実に減るし、人件費は倍増しそうだし。前途多難な感じがします。25日にまた、羽田に行くのでもう少し詳しく偵察します。

|

« 夜の大通り公園 | トップページ | 北斗星満室 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47139/2344486

この記事へのトラックバック一覧です: 帰宅しました:

« 夜の大通り公園 | トップページ | 北斗星満室 »